ユーグレナサプリの効果的な摂り方と一日の摂取量

2017. 09. 01

最近注目されているサプリメントの一つに「ユーグレナ」(和名:ミドリムシ)があります。
ユーグレナには、59種類の栄養素がバランス良く含まれており、食事が不規則になりがちな人や、健康増進や美容のために不足しやすい栄養素を補いたいと考えている人には最適なサプリメントといえます。
手軽にバランス良くビタミンやミネラルなどの栄養素を補える事が評判となり、今ではユーグレナを素材としたサプリメントが数多く販売されています。
そのため、どのユーグレナを選べば良いの?と迷う人も増えています。
そこで、ユーグレナサプリの選び方や効果的な使い方についてご紹介します。

話題のユーグレナ、どんな商品があるの?


ユーグレナは利用する人がそれぞれのシーンで使いやすいように、さまざまな形に加工されています。
1日分の量が数えやすく、小粒で飲み込みやすい粒状、カプセル状のもの。
1回分のカプセルを個別に分包したものは、粒を数える手間も省け、持ち運びにも便利です。
また、粉末状のものは、牛乳や野菜ジュース、スムージーなどに溶かす事で素材の味や匂いを気にせず摂る事ができます。
あるいは、そうした手間を掛けずにすぐに飲めるドリンクタイプのものもあります。
その他にも、ユーグレナを素材に練り込んだクッキーや、きな粉飴(きな粉ねじり)に混ぜて、おやつ感覚で食べられるものもあります。
今ではユーグレナは単に栄養バランスが優れているというだけでなく、それぞれの人の好みに合わせて摂れる便利さも兼ね備えています。

含有量に違いが! ユーグレナ商品を選ぶときのポイント

ユーグレナを素材とした健康食品やサプリメントのバリエーションが増えた事は良いのですが、購入する側からみれば、それぞれの商品がどう違うのか、どれを選べば良いか分からない、と戸惑う声も多く聞かれます。
その解決法の一つとして、1日に摂れるユーグレナの含有量で比較する方法があります。
健康食品やサプリメントには、1日にどれくらいの量を摂れば良いのか目安となる量が必ず表示されています。
ユーグレナが持つ栄養素を最大限に摂る事を優先するのであれば、1日あたりで摂れるユーグレナの含有量が最も多いものを選べば良いわけです。
また、1粒あたりに含まれるユーグレナの量が多ければ、同じ量を飲むにしても粒の数が少なくて済むので飲みやすいともいえます。
そもそも、ユーグレナのサプリメントを試してみたいと考えている人は、ユーグレナに含まれる栄養素がもたらす健康や美容への働きを期待するからこそ購入を考えているはずです。
それならば、まずはユーグレナそのものの含有量が最も多く、最も効率よくユーグレナを摂取できるサプリメントから試してみる事をお奨めします。

ユーグレナの適正な摂取量とは?


本来、体に必要な栄養素は普段の食事からバランス良く摂る事が大切なのは言うまでもありません。
しかし、食事の欧米化やライフスタイルの変化などによって、人それぞれに栄養の過不足が生じるようになっているのが現実です。
そこで不足しがちな栄養素を補うために、サプリメントが登場し、今ではコンビニでも買えるほど一般的なアイテムともなっています。
ところが、自分の食生活を振り返ってみて、どの栄養素がどれくらい不足しているかを正確に理解している人は少ないといえます。
毎回の食事内容を細かくメモして、1週間単位で栄養成分を計算し、不足分をどの食材でどれだけ補うか、という事は専門家の栄養士でさえもかなり手間の掛かる作業です。
つまり、厳密に言えば、不足する栄養素は人それぞれ異なるのです。
そこでサプリメントを利用する時は、できるだけ幅広く、より多くの人に適応する栄養素が含まれているものを選ぶ事が望ましいのです。
その意味では、例えばユーグレナサプリメントには「ビタミン」、「ミネラル」、「アミノ酸」をはじめ、健康の維持増進に役立つ「β-グルカン」、「不飽和脂肪酸」、など59種類もの栄養素が幅広くバランス良く含まれています。
どんな栄養素がどれだけ不足していても、その栄養素を逃す事なく補う事ができる便利なサプリメントだといえます。
また一般的には、1日に摂取するユーグレナの適正量は500~1,000mgと考えられます。
1日の摂取量が1,000mgまでであれば栄養素が過剰に体内に蓄積される心配はなく、むしろ普段気付かないような微量栄養素を補うメリットのほうが高いといえます。
ユーグレナは単体として、1日あたり1,000mgを摂れば十分な量といえるでしょう。
ただし、ユーグレナ以外の栄養素が含まれるサプリメントの場合は、その摂取基準量を超えてはいけない場合もあるので、医師や薬剤師、登録販売者、製造メーカーなどに確認してから摂取するように注意して下さい。

粉末状? ジュース? 効果的にユーグレナを摂取する方法

私たちが普段、食べ物から栄養を摂る時には、口に入れて噛み砕いて細かくし、胃酸や消化酵素で分子レベルまで消化・分解してから小腸などで吸収して体の栄養にしています。
サプリメントから栄養を摂るメリットは、こうした消化吸収のプロセスが普通の食べ物よりも簡単で胃腸にかかる負担が少なくて済むという点にあります。
高齢などの理由によって歯や噛む力が弱くなっていても、何らかの理由で胃腸の機能が弱っていても、比較的体に負担をかけずに必要な栄養素が摂れるということです。
サプリメントの形状がどのようなものであっても、肉や野菜など普通の食べ物から栄養を摂るよりは、消化吸収の点から考えれば、体にとっては効率よく栄養素を吸収できるといえます。
また、サプリメント同士で比べた場合は、大きく分けて固形状、カプセル状、粉末状、液状の順で消化吸収の負担は少なくなり、わずかの差ではありますが、栄養素を摂る効率が高いといえます。
ただ、病気か何かの理由で胃を全摘出したというような事情があれば、できるだけ液状にしてから摂取したほうが負担が少なくて良いと思いますが、特に病気や疾患がなければ、どのような形状でサプリメントを利用しても吸収率に関してはそれほどの違いはありません。
固形状のものを口に入れてみて、苦味などを感じたり、カプセル状のものが飲みにくい場合には、粉末状のものを牛乳やジュースなどに溶かして飲めむように工夫する事もできます。
近頃では、錠剤やカプセル剤をゼリーに包んで飲みやすくした製品なども市販されていますから、飲みにくい場合は、こうしたものを利用しても良いでしょう。

まとめ

最近、ユーグレナの良さや健康への効果について取り上げたテレビ番組や雑誌の特集などを見かける事が多くなりました。
そのためかユーグレナを素材にした健康食品やサプリメントもたくさん出回っています。
それぞれの商品には特徴があるので一概にどれが良いと比較できませんが、ユーグレナに関心を持たれたのであれば、ユーグレナの効果を確かめる意味でも、1粒あたりの含有量や1日あたりの目安に着目して商品を選ぶ事をお奨めします。

Recommendおすすめ記事

TOPへ戻る