【管理栄養士監修】ダイエットにも効果的!? ユーグレナの特徴

2017. 09. 01
宮﨑 奈津季
監修:宮﨑 奈津季 管理栄養士
フードユニットちゃあみーで管理栄養士として、活動中。栄養・健康に関する記事やコラムの執筆、料理写真の撮影、オンライン栄養相談を担当。 誰かに伝えたい想いを料理にするをモットーに、レシピ開発も行っています。

TVCMなどで、太めのタレントが見違えるようにスリムになるのを見て、自分もこんな風に痩せたい……と思う人は多いでしょう。

女性も歳を重ね40歳を過ぎる頃になると、「今までと食べる量は変わらないのになんとなく太りやすくなってきた」「ダイエットしてもほとんど効果が上がらない」と感じる女性は多いものです。

若い頃と同じように生活していても太りやすくなってしまうのはなぜなのでしょうか?

中高年以降の女性が痩せるにはどうすれば良いのでしょうか?

ミドルエイジの女性が効果的にダイエットする方法やダイエットの際の意外な落とし穴について、詳しく解説します。

ミドルエイジのダイエットが難しい理由

多くの人は中高年を過ぎる頃から、からだの代謝が低下し筋力が衰えるため、太りやすく痩せにくいからだに変化していきます。

とくに女性は男性に比べて筋肉量が少なく、更年期以降には女性ホルモンが急激に減少する影響もあり、脂肪やコレステロールなどの代謝が低下し、より一層太りやすく痩せにくい体質になっていきます。

また、この頃になると更年期障害の症状が現れ始め、イライラしやすくなったり、ストレスが溜まりやすくなることから、甘いものや味付けの濃いもの、脂っぽいものなどを食べ過ぎてしまうことも太りやすくなる原因の一つです。

さらに、中高年の世代の女性はからだの変化に加え、親の介護や夫の定年、子供の進学など大きなライフイベントが重なることも多く、精神的、肉体的に強いストレスを感じやすくなることも多くなります。

忙しさから、適度な運動を怠りがちになってしまうことも、太りやすく痩せにくい体質になる要因です。

ダイエットに必要な食事と運動に対する考え方

世の中にはさまざまなダイエット法が存在していますが、基本的にはバランスのとれた食事、適度な運動、ストレスの解消など生活習慣を改善することによって、からだに負担をかけることなくダイエットするのが理想です。

食事の量を極端に減らしたり、特定の食べ物に偏ったりするダイエット法では効果が上がらないばかりか、健康を損なう恐れもあります。

とくに食べないダイエットは、摂取エネルギーが減るため一時的にある程度まで体重は減りますが、からだに必要なエネルギーや栄養素が不足するため、代謝が低下しエネルギーを消費する力が弱くなるため、結局は太りやすい体質になってしまいます。

また、食べないダイエットによるリバウンドにはもっとも注意しなければいけません。

食べないことで脂肪と一緒に筋力量も減少してしまうため、ひとたびリバウンドを起こしてしまうと、同じ体重に戻ったとしても筋肉量が減った分、脂肪だけが増えます。

つまり、食べないダイエットによってリバウンドを起こしてしまうと、仮に同じ体重に戻っていても、筋肉が脂肪に変わった分、基礎代謝が落ち、以前よりもさらに太りやすく痩せにくい体質になってしまうのです。

同様に、食事制限ばかりで運動を行わない場合でも、筋肉が衰える分、代謝が落ちるため結果は同じことになります。

こうしたことから、極端な食事制限や特定の食材に偏るダイエットは失敗しやすく、食事、運動、ストレスの解消など生活習慣全体を整えながらダイエットすることが望ましいといえるのです。

普段の食事にプラス! ユーグレナに含まれる栄養素

からだに負担をかけず効率よくダイエットするには、食事で摂る栄養にとくに注意が必要です。

糖質(炭水化物)や脂質(脂肪)はからだのエネルギーを作るために欠かせませんが、摂り過ぎると内臓脂肪に変わり肥満の原因になってしまいます。

糖質や脂質を効率よく燃焼させるにはビタミンB2やB6、B12などビタミンB群が不可欠です。

また、基礎代謝をあげるには筋力を鍛え、筋肉量を落とさないことも必要となるため、筋肉のもとになるアミノ酸(たんぱく質)を十分に摂ることも必要です。

さらに余分な脂肪やコレステロールを排出する食物繊維、酸素の運搬に関わる鉄、骨を作る材料となるカルシウムやマグネシウム、その他、亜鉛、リン、マンガン、セレンなど微量なミネラルも、不足すれば代謝の低下やからだの調子を整える働きを低下させてしまうこともあります。

つまり、健康的なダイエットを成功させるには、極端な食事制限や栄養のバランスが偏った状態で行うのではなく、あくまでもバランスのとれた栄養を過不足なく摂ることがとても大切といえます。

その点において、「ユーグレナ」のサプリメントにはダイエットの効率を高めるビタミンやミネラル、アミノ酸など59種類もの栄養素がバランス良く含まれています。

普段の食事で栄養が偏りがちな人は、一度試してみる価値があるかもしれません。

いらないものは排出! ユーグレナのデトックス効果

ダイエットとは単に体重を減らしたり、からだつきをスリムにすることばかりではありません。

からだに必要な栄養素をしっかり摂るとともに、からだに必要のない老廃物や毒素などを排出することもダイエットの一部です。

とくに女性は、女性ホルモンの影響や、運動不足、水分不足、食物繊維の不足、ストレスの影響などから、便秘がちの人が多いと言われています。

ダイエットのために必要な栄養素や水分が不足して便秘になるようなことがあれば、それは本末転倒です。

健康的にダイエットをすることは、デトックスと表裏一体となるものなのです。

また、お通じだけでなく、汗をかくという機能もからだの中や肌の内側にある老廃物を排出するデトックス機能の一つです。

適切に汗をかくには、体温調節の機能が正常に働くことが必要で、代謝を上げて熱を作る必要も生じます。

汗をかきにくい体質になると、肌の新陳代謝が衰え、肌荒れや吹き出物ができやすくなったり、シミやシワ、肌のくすみが目立ったりする原因になることもあります。

いくらダイエットで代謝を上げたり、余分な脂肪などを排出しようとしても、からだに有害な老廃物や毒素が残ったままでは健康的に痩せているとはいえません。

こうしたことを踏まえていえば、ビタミンB2、B6、パントテン酸、ビタミンCなどはエネルギーの産生を補助するとともに、からだの老廃物を排泄するために必要不可欠な栄養素といえます。

また、カリウムなどのミネラルも余分な水分とともにからだに溜まった老廃物を排出する働きがあるので欠かすことができません。

まとめ

ユーグレナはデトックスに必要な栄養素を多く含む上、食物繊維に似たはたらきをする成分も含んでいるため、お通じを改善するだけでなくからだの内側に溜まった老廃物や毒素を排出するデトックス作用にも優れているといえます。

女性は歳を重ねるごとにからだの不調や環境の変化、ストレスなどが重なり、自分のからだを思い通りにコントロールできなくなることも増えていきます。

ダイエットやデトックスに関しても、信頼できる人や情報、商品などを見極め、できるだけ早いうちから取り組みを始めることが大切です。

Recommendおすすめ記事

監修:宮﨑 奈津季 管理栄養士
フードユニットちゃあみーで管理栄養士として、活動中。栄養・健康に関する記事やコラムの執筆、料理写真の撮影、オンライン栄養相談を担当。 誰かに伝えたい想いを料理にするをモットーに、レシピ開発も行っています。
TOPへ戻る