老化の原因となる活性酸素とは?

2017. 09. 01

活性酸素という言葉を聞いたことがありますか?

「活性」という言葉からは元気な酸素、体に良いものかと思ってしまいがちですが、まったく違います。

活性酸素は「元気すぎて」周囲を攻撃し、老化を早めてしまう厄介な存在なのです。

活性酸素とは具体的には何なのでしょうか。

老化は諦めるしかないものなのでしょうか。

そうではありません。

活性酸素に対抗する力や、その力を高める方法もあるのです。

いつまでも若々しく元気でいるために、できることは何なのでしょうか。

活性酸素とは?

活性酸素とは、酸化させる力がとても強い酸素のことです。

では、酸化とは何でしょうか。

生命活動における酸化とは、呼吸で取り込んだ酸素が他の栄養素と結びついてエネルギーに変化することですが、体は過剰に酸化すると細胞の老化が促進されてしまい、全身の細胞が衰えてしまいます。

活性酸素による過剰な酸化は、具体的には疲れやすくなるなどの変化として現れます。

骨や歯が弱くなったり、視力が落ちたりします。

肌にシミやしわが増え、ハリやつやも失われていきます。

一般に老化現象と言われる変化です。

活性酸素の増えすぎは生活習慣病の原因にもなります。

では、活性酸素はどうやって増えるのでしょうか。

激しい運動や強いストレス、睡眠不足や喫煙などの生活習慣、紫外線や汚れた空気、化学物質やPCや携帯電話の電磁波などの環境も活性酸素を増やす原因になります。

活性酸素が老化の原因? 活性酸素のはたらき

酸化は私たちの身近でも起こっています。

例えば、リンゴを切ってしばらく置いておくと、茶色に変色します。

リンゴと空気中の酸素が化合したためで、これを酸化といいます。

金属が酸素と化合すれば、錆びますが、これも酸化。

人の体において酸化というのは、呼吸で取り込んだ酸素が栄養素と結びついて、エネルギー変換に活用されることだと先に述べました。

ですから、酸化そのものは悪いものでは決してなく、生命活動に必要不可欠のものなのです。

しかし、このエネルギー変換の過程で、取り込まれた酸素の2割ほどが、酸化力が強く攻撃的な活性酸素に変化します。

活性酸素は不安定な構造であるため、安定を求めて周囲を攻撃してしまいます。

その結果、酸化が過剰になり、活性酸素も次々に増えてしまいます。

先に述べたリンゴや金属の酸化のような現象が人の体内で起こると、過剰な酸化です。

不必要な酸化は老化を早めます。

酸化は老化、老化は錆び。人は年齢とともに全身の細胞が錆びていくのです。

それを早めてしまうのが、活性酸素の働きなのです。

老化を防ぐ「抗酸化力」とは?

酸化は老化であり、老化は錆びていくことだ、なんて聞くと、ショックかもしれません。

しかし、諦めることはありません。

人の体には老化(酸化)に対抗する力、抗酸化力もちゃんと備わっているのです。

抗酸化力とは、活性酸素に対抗し、老化を阻止する力のことで、抗酸化物質と呼ばれるものの働きで生まれます。

主に3つの働きがあり、①活性酸素の発生を抑制する、②活性酸素の力(酸化力)を抑制する、③活性酸素の作った「錆」を治す、といった働きです。

とても頼りがいのある働きですが、抗酸化力も年齢には勝てません。

抗酸化物質は加齢とともに減少し、抗酸化力を弱めていきます。

しかし、これも改善策があるのです。

抗酸化物質の具体的な栄養素や、摂取の方法を見ていきましょう。

内側から錆びないからだに!抗酸化力を高める栄養素

活性酸素に対抗する抗酸化力に優れた栄養素を、多く含まれる食品とともに挙げていきます。

若々しく元気な体を保つ栄養素です。

ぜひ、毎日の食卓に取り入れてみましょう。

・ビタミン類(抗酸化ビタミン)
緑黄色野菜に多く含まれるビタミンAや、果物に多いビタミンC、ビタミンEはナッツ類やブロッコリーに多く含まれています。

・カロテノイド(天然色素)
緑黄色野菜に多く含まれるβカロテン、トマトやスイカに多いリコピン、ルテインはホウレンソウに多い栄養素です。

色の濃い野菜や果物をとると、多く摂取できる栄養素です。

・ポリフェノール
大豆に多く含まれるイソフラボンや、緑茶に多いカテキン、アントシアニンはブルーベリーや赤ワインに多く含まれています。

ココアもポリフェノールが多い飲み物です。

・ミネラル類
必要なのはごく少量ですが、他の抗酸化物質を助けてとても大切な働きをしてくれます。

カキやレバーに含まれる亜鉛、魚介類や大豆に含まれるセレン、海苔や海藻類に多い鉄などがあります。

まとめ

いかがでしたか?

活性酸素の正体が掴めたでしょうか。

何気ない生活習慣の中で増えていく、とても厄介なものなのですね。

紫外線やストレスなど、少しずつ気を付けて増やさないようにできると良いでしょう。

また、活性酸素に対抗する抗酸化力。

こちらはとても頼もしい存在。

ぜひ、食材や飲み物に取り入れて、食卓の彩と若々しい健康な生活を手に入れましょう。

老化は仕方のないものとあきらめなくてよいのです。

できることから少しずつ、取り入れていきましょう。

Recommendおすすめ記事

TOPへ戻る