栄養バランスに優れたミドリムシの力。栄養を効率的に摂る方法

2017. 09. 13
PURAVIDA編集部
監修:PURAVIDA編集部

私達が健康を維持するために必要な栄養素はおよそ50種類です。
本来は、普段の食生活の中で50種類の栄養素を不足なく摂取する事が望ましいのですが、食の欧米化や飽食化、ライフスタイルの変化などによって、必要な栄養素を十分に摂取できている人は少ないと言えます。
体に必要な栄養素が不足すれば、体調が悪くなったり、病気にかかりやすくなったりする事は言うまでもありません。
また、健康と美容は切っても切れない関係でもあります。
少しでも健康を損なえば、それは美容にも悪い影響が及びます。
ミドリムシは数多くの、私たちが健やかで美しくあるために必要な栄養を含んでいます。
ここでは、ミドリムシにはどんな栄養素が含まれているのか、また効果的な摂り方についてお話しします。

ミドリムシは栄養の宝庫!


先ほど記載いたしましたが、人間が生きていく上で必要な栄養素はおよそ50種類です。
ミドリムシには、ビタミンやミネラル、アミノ酸など59種類もの栄養素が含まれ、健康を維持するだけでなく美容にとっても最適な栄養素材と言えます。
ミドリムシに含まれる豊富な栄養とその働きは次のようにあげられます。
【ビタミン 14種類】
α-カロテン……カロテン類の1種。
ゆるやかな抗酸化作用がある。

β-カロテン……体内でビタミンAとして働く。
抗酸化作用が高く、老化防止やガンの予防効果も期待される。

ビタミンB1 ……炭水化物をエネルギーに換える。
米を主食とする日本人には欠かせない栄養素。
疲労回復やイライラを鎮める効果もある。

ビタミンB2……三大栄養素(炭水化物、脂質、タンパク質)をエネルギーに換える。
細胞の新陳代謝を促進し、皮膚や粘膜の健康を守る。

ビタミンB6……タンパク質の代謝に関わる。
皮膚や神経を正常に保つ。
エストロゲンの代謝に必要となりPMSや更年期障害を改善する。

ビタミンB12……脂質の代謝に関わる。
造血作用や神経細胞の機能を維持する。
不足すると貧血、不眠、うつ病などを起こしやすくなる。

ビタミンC……強い抗酸化作用を持つ。
コラーゲンの合成に関わり、肌を健康に保つ。
メラニンの沈着を阻害し、シミを防ぐ。

ビタミンD……カルシウムやリンの吸収を促進する。
歯や骨を強くし、骨粗しょう症を予防する。

ビタミンE……抗酸化作用が強く、細胞の老化を予防する。
血行を促進する。
女性ホルモンの生成にも関わる。

ビタミンK1……骨粗しょう症の予防効果がある。
止血作用に関わる。

葉酸……赤血球を作る。
発育に関わるので妊婦には摂取が推奨される。
動脈硬化を予防する効果もある。

ナイアシン……三大栄養素の代謝に関わる。
アルコールの分解や性ホルモンの合成にも関わる。

パントテン酸……エネルギーの代謝やホルモンの合成を行う。
不足すると成長障害、腎臓障害などが起こる。

ビオチン……三大栄養素の代謝に関わる。
皮膚や肌の健康を守る。
不足すると肌あれなどが起こる。
アトピーの予防も期待される。

【ミネラル 9種類】
亜鉛……細胞の新陳代謝を促進する。
性機能の維持や味覚を正常に保つ。

リン……カルシウムと結合して骨を作る。

カルシウム……歯や骨を丈夫にする。
骨粗しょう症を予防する。

マグネシウム……骨格を形成する。
筋肉の収縮や神経機能を維持する。

ナトリウム……体内の水分量を一定に保つ。
細胞の浸透圧を調整する。
心臓や筋肉、神経の働きを正常に保つ。

カリウム……細胞の水分量を調整する。
体液のPHを調整する。
不足すると体がむくみやすくなる。

……ヘモグロビンを合成し、全身に酸素を運ぶ。
エネルギーの産生にも関わる。

マンガン……骨の形成に関わる。
抗酸化作用がある。

……鉄の利用を促進する。
貧血を予防する。

【アミノ酸 18種類】 
9種類の必須アミノ酸を含む計18種類のアミノ酸……タンパク質のもとになり、さまざまな体の組織を作る。
エネルギーとしても使われる。

【その他 7種類】
・β-グルカン(パラミロン)
……キノコなどに多く含まれる多糖類の一種。
免疫力を高める作用や抗がん作用が期待される。

クロロフィル……葉緑素。
抗酸化作用や抗がん効果が期待される。

ルテイン……目の健康を守る栄養素。
白内障や加齢黄斑変性など加齢による目の病気を予防する。
その他、病気の予防や健康増進に関わる計7種類の栄養素が含まれる。

【不飽和脂肪酸 11種類】
DHA……中性脂肪を減らし、動脈硬化や血栓を防ぐ効果がある。
EPA……中性脂肪を減らし、狭心症、心筋梗塞などを防ぐ働きをする。

など、計11種類の不飽和脂肪酸を含む。
こうしてみると、ミドリムシには実にさまざまな栄養素と働きがある事が良く分かります。
こうした栄養素の1つ1つが、健康や美容にとっても欠かせない働きをするのです。

ヒトのからだが吸収しやすいミドリムシの栄養素

ミドリムシは動物(動物プランクトン)と植物(植物プランクトン)の両方の性質を持っています。
その最大の利点は、一般的な植物にある細胞壁がないという事です。
細胞壁がない分、栄養の消化・吸収がスムーズに行われます。
ミドリムシから摂る栄養素の吸収率は93.1%と非常に高く、食べ物から摂るよりもはるかに効率的です。
また、消化・吸収の際に胃腸にかかる負担も少なくて済みます。
胃腸の弱い人でも栄養をしっかり摂る事ができるのです。
ミドリムシは豊富な栄養素を持つだけでなく、栄養素の吸収率が高いという点でも、ハイパフォーマンスな栄養素材といえるのです。

ミドリムシをサプリメントで摂るのはなぜ?


本来、体に必要な栄養素はできる限り食事から摂るのが理想です。
しかし、すべての栄養素を食事から摂ろうとすると、補うべき栄養素以外にもカロリー、脂質、塩分などを必要以上に摂り過ぎてしまうデメリットが生じます。
そこで、食べ物に含まれる栄養素を取り出し、サプリメントの形にして、不足する栄養素だけを補おう、というのがサプリメントによる栄養摂取の基本的な考え方です。
ただし、サプリメントは医薬品とは異なり、特定の効能・効果を短時間で得られるものではありません。
サプリメントはあくまでも食品の位置づけですから、期待する効果を実感するまでには、ある程度の期間を要する場合が多いといえます。
体の細胞が少しずつ生まれ変わっていくペースに合わせて、毎日コツコツと栄養素を補い、体質そのものを改善していく、という意識が大切です。

続けて実感!? ミドリムシの効果

ミドリムシにはビタミンやミネラル、アミノ酸など59種類もの栄養素が含まれています。
肉や野菜など通常の食べ物から摂るより、吸収率の点でも優れています。
ミドリムシのサプリメントをある程度の期間、継続して摂る事により、慢性的な栄養素の不足が解消し、さまざまな体の不調が改善されていきます。
また、ミドリムシを摂り続ける事で、体質そのものが改善され、次のような効果が得られるようになります。
・疲れにくくなった
・肩こりが改善した
・冷え性が良くなった
・便秘が解消した
・むくみが改善した
・風邪を引きにくくなった
・肌荒れが改善した
・肌が滑らかになった
・髪にツヤが出てきた
・抜け毛や白髪が減った
・イライラしなくなった
・良く眠れるようになった
ミドリムシを続けて摂る事によって、体質が少しずつ改善されていき、こうしたさまざまな効果につながると考えられます。

まとめ

どのようなサプリメントにも言える事ですが、気が向いた時だけ、ちょっとだけ摂る、というのでは、それほど効果は実感できないでしょう。
サプリメントの効果を得るためには、「良いものを」、「根気強く」、「毎日続ける」事が何より大切です。
慢性的な体の不調を感じる場合、その根本的な原因は、基本的な栄養素の不足にあるのかもしれません。
ミドリムシを摂る事は、食生活を変える事と同じくらいの価値があります。
半ばあきらめていた症状が改善できる可能性も十分考えられます。
表面的な改善法ではなく、根本的な体質改善に取り組む事が大切です。

Recommendおすすめ記事

TOPへ戻る