ホットフラッシュは改善できる?原因と対策法

2017. 11. 27

更年期を迎えた女性の多くが経験するホットフラッシュ。
気温に関係なく突然首から上が暑くなり、首筋、胸や頭からも大量の汗が出て顔がほてってしまうという症状です。
症状が深刻な場合、1時間おきにホットフラッシュが起こって眠れなかったり、外出時や仕事中に急なのぼせで具合が悪くなるなど、更年期の女性には重大な悩みのひとつです。
ホットフラッシュの原因、症状の改善方法や対処法などをお伝えします。
色々な改善策を試すことで、症状が緩和されたという意見も多いので、参考にしてみましょう。

急なほてりや汗…嫌なホットフラッシュの原因とは?

ホットフラッシュの原因として、ホルモンバランスと自律神経の乱れが考えられます。
自律神経と女性ホルモンのエストロゲンはとても密接な関係にあり、どちらかが乱れることで双方のバランスが崩れてしまいます。
通常時は卵巣が順調に機能し、脳の視床下部からの司令に従ってエストロゲンを分泌しています。
しかし閉経に向かう際に卵巣の働きが低下し「エストロゲンを分泌して!」と脳からの司令を受けているのにもかかわらず分泌されなくなることで、頭と体の間で混乱が起こります。
このことが更年期に自律神経が乱れる大きな要因です。
自律神経が乱れると、血管の拡張と伸縮の動きが活発になり「血管運動神経症状」という通常よりも興奮した状態になります。
この症状によって、突然体が火照り出し、ホットフラッシュの状態を招いてしまいます。
さらに、自律神経が乱れると体温調整機能も低下してしまうため、更年期になると頻繁にホットフラッシュに悩まされるのです。

ホットフラッシュ改善のために摂りたい栄養素

ホットフラッシュを引き起こす2つの要素は、自律神経と女性ホルモンです。
これらに作用する栄養素が含まれる食材を摂ることで、ホットフラッシュだけでなく更年期の症状を緩和することができるので、いくつか挙げてみましょう。

女性ホルモンのための栄養素

1:大豆イソフラボン大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た作用を持っています。
ホットフラッシュだけでなく、めまい、骨粗鬆症などの症状を緩和するのに役立つ成分です。
大豆、納豆、味噌、きな粉などの大豆製品に含まれます。
2:亜鉛亜鉛には 女性ホルモンの分泌を促進し、ホルモンの量を増やす作用があります。
亜鉛はミネラルの一種で、年齢とともに減少してしまい、体の老化自体に大きく影響する栄養素です。
生ガキ、煮干し、豚レバー、アーモンド、チーズなどに含まれます。
3:ビタミンEビタミンEにはホルモンの分泌を整える作用があり、ホルモンバランスの乱れによる症状を軽くする働きがあります。
ホットフラッシュやのぼせなどの症状の軽減にも役立つので、かぼちゃ、アーモンドなどのナッツ類、アボガドなどを食べる機会を増やしましょう。

自律神経のための栄養素

1:ビタミンC体がストレスと戦うために、副腎の機能を大きくサポートするのがビタミンCです。
ストレスを受けても、負けない体を作るために必要なホルモンを分泌する時に摂取したい栄養素です。
レモンやいちごなどの果物類、ほうれん草、ブロッコリーなどの野菜に多く含まれています。
2:ビタミンB12ビタミンB12は自律神経の機能を整え、正しい状態にするサポートをします。
気が散ってしまい、集中力が低下するのを抑え、神経を安定させる効果があるので、イワシ、秋刀魚、サバなどの青魚、レバーや卵などをよく食べるようにしましょう。

病院での治療法は?

ホットフラッシュはいつどこで起こるか予測がつかないため、外出が苦になって自宅に引きこもり、仕事も手につかなくなってしまう方も多いようです。
日常生活に支障をきたす時は、女性外来のある婦人科を利用するのもおすすめです。
女性の更年期にきちんと向かい合い、つらい症状などを細かく聞いてくれるドクターの存在は、とても強い味方になるでしょう。
主な治療法としては、ホルモン補充療法(HRT)が、まずに挙げられます。
女性ホルモンが低下することで起こる、さまざまな更年期のつらい症状を改善できるため、多くの病院で取り入れられています。
医師と相談の上、自分にあった量の女性ホルモンを体に補充し、症状を改善していきます。
錠剤で服用するタイプ、肌に貼ったり、塗ったりして成分を経皮吸収するタイプなど、いろいろな方法があるので担当の医師とよく相談すると良いですね。
また、漢方を使って症状を緩和する方法もあります。
ホルモン補充療法ができない条件に、乳がんや子宮ガン、血液の薬を常用しているなどといった項目があります。
その場合も漢方を利用するので、興味があれば漢方に詳しい医師を選んで、治療を受けるのも1つの方法でしょう。

つらいホットフラッシュ…とりあえずどうにかしたい

ここでは、病院などで根本的な治療をする前に、とりあえず今すぐどうにかするための応急的な方法をご紹介します。
まずホットフラッシュに備えて、体温調節がしやすく服の着脱が簡単な洋服を着るようにしましょう。
汗染みが気になる場合は、汗ワキパッドなどで対処するといいでしょう。
冷たい水で体を冷やせるタオルを数枚、保存袋などに用意して持ち歩くととても便利です。
ウエットティッシュや保冷剤、熱中症対策の首に巻くタオルも冷却効果が高いので、ホットフラッシュの時には役に立ちます。
ホットフラッシュの症状は、普段汗をかかない人や冷え性の方に多くみられる傾向にあります。
日常的にちょっとした運動をして、汗をかく習慣をつけることで、体がバランスよく発汗できるようになります。

まとめ

更年期の症状は十人十色です。
ホルモン補充療法がとても合って楽になったという方もいれば、漢方で症状が即改善し、手放せないという意見もあるようです。
自分に合った方法を見つけるのが、一番大切と言えるでしょう。
つらい更年期をただじっと耐え抜くのではなく、医師のアドバイスを参考しながら、明るく乗り越えて行きたいですね。

Recommendおすすめ記事

TOPへ戻る