【サプリ虎の巻】イライラしない女は知っている GABAの効果

2017. 11. 19

家庭でも職場でも頼られるのは嬉しいけれど、すべてがうまくいくはずはなく、イライラが募る…そんな悩みはないでしょうか。

つい周囲に当たってしまい、落ち込むこともあるのではないでしょうか。

このイライラを抑えて、穏やかな気持ちにしてくれるGABAという栄養素があります。

GABAを配合したチョコレートが有名で名前を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

最近、イライラすることが多いと感じている方は必見です。

イライラしない女になるためのGABAの効果をご紹介していきます。

あなたも「イライラ女」になっていませんか?

年齢を重ねると、家庭でも職場でも責任が増し、また困難にぶつかることも増えてきます。

特に思春期の子どもを持つ親の世代に差し掛かると、子育てと言っても子どもが小さいころに比べると特有の難しさがあります。

そろそろ親の介護も始まる年齢。

そうでなくとも、成長した子どもと実家の板挟みや、義実家との関係も長くなったことで生じる心配事や悩み事も増えてきます。

パートナーとの関係にも影響する事柄で、思うようには行かず、イライラしてしまいがちです。

体力も落ちてきたと感じますし、疲れやすくなって仕事の失敗が増えたりするとイライラしてしまいがちです。

つい、身近な夫や子ども、同僚などに怒りをぶつけてしまって、落ち込むこともあるのではないでしょうか。

イライラを抑える栄養素!? GABAとは?

自分も周りもつらいイライラしている気持ち。そんな不安定な精神状態を安定させてくれるGABAという栄養素があるのです。

聞きなれない名前かもしれませんが、天然アミノ酸の一種です。

正式にはγ(ガンマ)-アミノ酪酸という名前で、英語のGamma Amino Butyric Acidの頭文字をとってGABAと言われています。

アミノ酸は私たちの体を作るタンパク質の元となる物質です。

肌、髪、骨などすべての部位は20種類のアミノ酸が組み合わさりタンパク質となって構成されています。

GABAはこれらアミノ酸の仲間ですが体を作る役割ではなく、脳や脊髄にたくさん存在していて、細胞から細胞へ情報を伝える、神経伝達物質として働いています。

GABAの主な働きは2つ。

血管を収縮させる物質の働きを緩和して血圧を下げる効果。

もうひとつは、神経を興奮させる物質の働きを抑えてリラックスをもたらす効果です。

ストレスを和らげるGABAのはたらき

GABAは、神経の興奮を抑えてストレスを緩和し、リラックス効果を生じさせる栄養素です。

運動時やストレスを感じた時に、神経は興奮しますが、この興奮状態を作る物質の分泌を抑えているのがGABAなのです。

ストレスには疲労や睡眠不足、解決困難な悩みなどを思い浮かべがちですが、それだけではありません。

スマホやパソコンなどから発せられるブルーライトでも神経が過敏になり、便利さゆえに深夜も使ってしまうことで脳が興奮状態になり休めないこともストレスになります。

これらのストレスを感じると、脳内でアドレナリンという興奮を伝える神経伝達物質が分泌されるのですが、GABAはこの分泌を抑えることができます。

興奮が伝達されないためリラックス効果が得られるのです。

イライラしない女になるために!GABAの摂取法

GABAは私たちの体の中に存在していますが、自然界の植物や動物の中にもあります。

人の体で不足してしまうと外部から摂取する必要があります。

GABAは意外にも身近な食品に多く含まれています。

なすやほうれん草、トマト、かぼちゃなどの野菜類、みかんやメロンなどの果物、漬物や味噌などの発酵食品に含まれています。

また穀類からも摂取できます。

発芽玄米には精米した白米に比べ、10倍ものGABAが含まれています。

毎日のごはんを白米から発芽玄米に替えると簡単に日々継続して摂取できます。

GABAはもともと体内に存在している成分ですが、ストレスを感じるとそれを抑制するために使われ、消費されてしまいます。

ですのでストレスを感じる機会が多い人、つまりイライラしがちな人はGABAが不足していると言えます。

また加齢によっても体内のGABAは減少してしまうため、日々の生活でイライラが増えてきたと感じていたら意識して摂りたい栄養素です。

近年ではそのストレス抑制効果に注目が集まり、GABAを配合した飲料や食品、お菓子なども販売されています。

もちろんサプリメントとしても販売されており、GABAの成分だけを摂取することもできます。

ただしサプリメントで摂取する場合は、過剰摂取に注意が必要です。

まとめ

やることが多く忙しいとついイライラとしてしまうことは多いもの。

イライラしたくてしているわけではありませんが、つい感情が抑えられなくなってしまうこともあるでしょう。

そのイライラの原因は我慢が足りないわけではありません。

GABAが足りないからかもしれません。

「イライラ女になっているかも…」と自覚をしている人はGABAの効果を活用してみてください。

もっと穏やかで優しい自分で過ごせそうです。

Recommendおすすめ記事

TOPへ戻る