来年こそ痩せたい! リバウンドしないダイエット方法とは?

2017. 12. 29

若い時は少しの間食べる量を減らすだけで体重が落ちるので、痩せることに苦労しなかった方でも、40歳をすぎるとなかなか思い通りにいかなくなります。

同窓会など久しぶりに会う知人は、半数以上が昔よりポッチャリした印象を受けることがほとんどではないでしょうか?

40代以降は、なんの知識もなく、努力もしなければどんどん太ってしまいます。

太ったおばさんと年齢不詳の美魔女の一番の違いは「美意識の高さ」です。

痩せにくい体とどう上手く付き合っていくかをテーマにし、いかに自己管理していくかのポイントをご紹介しましょう。

なぜ年齢を重ねると痩せにくくなってしまうの?

若い頃と同じ量の食事をしているのに、なぜか太ってきた。

昔は体を動かすとスッキリしたのに、運動してもあまり痩せない。

「中年太り」と言うように、40代以降はとても体が太りやすくなる年代です。

ダイエットに関する意識調査では、ほとんどの女性が関心を持っており、大多数の女性が今の自分の体型よりもっと痩せたいと思っているようです。

このように常にダイエットに興味があるはずの女性が、なぜ思うように痩せられないのでしょうか。

大きく分けてその理由を3つほど、挙げてみましょう。

・年齢とともに代謝が落ちて、燃焼しにくい体になっている

・年齢にあったバランスの良い食事が摂れていない

・女性ホルモンの減少により、ホルモンバランスが乱れる

以上の3つが考えられます。

この項目を一つずつ掘り下げながら、痩せるためのテクニックを身につけていきましょう。

急な運動は禁物!無理せず長く付き合おう

「痩せないのは、運動量が足りていないから。もっとたくさん運動すれば痩せるはず!」

と思い込んで、激しい運動をしては逆効果です。

痩せない理由は基礎代謝量の低下のため、急に動いても体に負担がかかってしまいます。

それだけでなく、急激な運動は体内の活性酸素を増やすため、体にサビ=酸化が起こり、返って体は老化しやすくなってしまいます。

ダイエットにとても有効な運動は、適度に行うことが大切です。

無理してジョギングしなくても、30分程度のウォーキングをする、泳がなくてもプールをゆっくり歩くなど心地よい疲労感が残る程度で十分です。

その日1日頑張るのではなく、毎日の生活の行動パターンに組み込んでいきましょう。

エスカレーターより階段を使う、毎日一駅手前から歩く、ちょっとした移動や座り仕事でも、下っ腹に力を入れ姿勢良く過ごすなど、些細なことですが、出来るだけ長く続けることが大事です。

【食事制限】3食バランスよく。代謝をあげるような食事にシフトしよう

基礎代謝が下がることは、食事の摂り方にも大きく影響します。

基礎代謝とは、運動など特別なことをしなくても消費されるエネルギーです。

10歳前後がピークで、その頃は眠っているだけでカロリー消費が出来ています。

しかし、年々基礎代謝が落ちて行くので、同じ食事でもどんどんカロリー消費されなくなり、余計な脂肪として体にまとわりつく一方です。

年齢にあった量の食事を摂り、さらに代謝を上げる効果のあるものを食べることで、年齢を重ねてもしっかりダイエットの結果は出るはずです。

代謝アップ効果の高い栄養素と、多く含まれる食材をいくつか挙げますので、ぜひ意識してみて下さい。

冷え対策に温活食材

冷えた体では、脂肪が燃焼しないため、むくみや脂肪がたまっていく一方です。

体を温める栄養素を摂りましょう。

かぼちゃ、うなぎ、アーモンドなどが豊富なビタミンE、唐辛子のカプサイシン、生姜などがポカポカ効果のある食べ物です。

直接の代謝アップにつながるアミノ酸

アミノ酸は筋肉を作ったり、脂肪燃焼効果をサポートする働きがあります。

肉や魚、レバー、乳製品に含まれるリジン、鶏肉、青魚ゼラチンに含まれるアルギニンが、燃えやすい体を作ってくれる食べ物です。

その他

ビタミンB群の豊富な青魚、うなぎ、納豆、レバーは糖質の代謝に欠かせません。

またミネラルも代謝アップをサポートする効果があるので、おすすめです。

食欲に負けそうな時は、少しずつの量を小分けにして、食事回数を増やすのも良い方法です。

食事制限はストレスとの戦いですから、空腹の我慢が爆発しないよう注意が必要ですね。

【運動】更年期対策も兼ねた運動をしてみよう

40代以降の女性にとって、体調が大きくゆらぐ時期が更年期でしょう。

年を重ねて筋肉量が減り、運動しても痩せにくい所に、さらに更年期の要素が加わると、一段と痩せにくい条件がそろってしまいます。

この時期はエストロゲンという女性ホルモンの減少で、内臓脂肪がつきやすい体に変化し、体だけでなく心も不安定になりがちです。

血液の循環が良くなるようなストレッチやヨガなどで、体を動かしていきましょう。

このような運動が気分転換になることで、心のイライラ解消にも効果があります。

まだ更年期ではないから、とゆっくり構えずに、あらかじめ代謝の良い体を作っておくことで、実際の更年期をスムーズに過ごすことができるはずです。

まとめ

いかがでしたか?

40代以降の女性は、そうは簡単にダイエットの結果はでません。

急激に無理なダイエットをしても、決して長くは続かず、返ってリバウンドを起こす要因にもなります。

食事のバランス、量を抑えた習慣を、未来の自分が続けていられるでしょうか。

せっかくの努力を一過性のものにしないためには、これなら長く続きしそう!と思う方法を前もってよく考えてから実践すると良いですね。

Recommendおすすめ記事

TOPへ戻る