更年期障害を改善できる?! 亜鉛の働き

2018. 01. 20

今までになかった不調を感じ始め、更年期障害だから仕方ないとじっと耐えている女性はとても多くいます。

閉経を迎えるのが一番多いのが50歳、その前後5年間が更年期であり、実に10年もの長い間続きます。

その悩みは人それぞれで、突然、所構わず滝のような汗をかいてしまう、眠れない、気分が落ち込んで何もする気がおきない、など体や心の不調は続きます。

しかし、いつかは必ず終わりがやってくる更年期です。

耐えるだけの更年期はひと昔前のこと。

出来るだけ快適に乗り越えるための研究が日々進歩しています。

今回は更年期障害に大きな役割をする亜鉛をテーマに、詳しく調べてみましょう。

更年期障害どうして起こるの?

40代の半ばになると、徐々に更年期の症状が現れ始め、仕事や家事にも支障をきたすことが増えていきます。

この様に体に不調が現れてしまう原因は、女性ホルモンの一つ、エストロゲンの急激な現象です。

卵巣の老化により女性ホルモンが減少すると、エストロゲンによって守られていた体のあちこちに影響が出始めます。

女性ホルモンが分泌される仕組みは、脳の視床下部からの指令を卵巣が受けることで活動しています。

脳がいくら指令を出しても、機能が低下した卵巣は、今までと同じように女性ホルモンを生み出すことができなくなます。

この繰り返しの中で、頭と体の間で混乱が起こり、自律神経のバランスが大きく乱れてしまうのですね。

亜鉛が更年期に効果的? その理由が知りたい!

エストロゲンが減少した女性の体は、不眠、イライラ、倦怠感、ホットフラッシュ、めまい、頭痛などのたくさんの不調が現れ始めます。

これらの症状を少しでも緩和し、最小限の不調で乗り切るためには、さまざまな方法があります。

自分に合ったリラックス法を取り入れたり、適度な運動も良いでしょう。

また更年期外来を受診し、ホルモン療法や漢方などの力を借りるのもおすすめです。

その中の一つ、更年期に合った食事の管理も日々の生活で、ぜひ取り入れていただきたい方法です。

更年期の症状が深刻になってしまう理由の一つに、亜鉛不足の可能性が考えられます。

亜鉛が不足すると皮膚や爪、髪の毛などの状態が悪くなり、精神的な落ち込み、イライラなどの症状が現れやすいことがわかっています。

亜鉛の持つ更年期に良い効果をいくつかあげてみましょう。

・味覚などの感覚を正常化

・老化防止

・免疫力アップ

・ホルモンの合成、分泌促進

・抗酸化作用

・心の状態を穏やかに安定させる

このような亜鉛の作用が、女性の更年期には大きくプラスの働きになるため、ぜひ意識したい栄養素として覚えておいてください。

更年期だけじゃない!亜鉛の栄養素とは?

亜鉛というと、男性用のサプリメントには欠かせないイメージですが、実は女性にもたくさんのメリットがある栄養素です。

亜鉛の働きの一つであるタンパク質の合成は、お肌や髪に栄養を与え、新陳代謝を活発にすることで常に新しい細胞に生まれ変わることができます。

またデトックス効果も高いので、体に溜まった老廃物をしっかりと排泄する役目もし、更年期の女性の美容サポート役としても大変優れた栄養素と言えますね。

もともと亜鉛は体の中の骨や皮膚、脳、肝臓、腎臓などに存在しています。

しかし、自分自身で作り出すことができないため、食事から亜鉛を摂取し、亜鉛不足にならないよう補わなければなりません。

アルコールを飲んだり、スポーツなどで汗をたくさんかいた時は亜鉛が不足しやすいので、特に気をつけて摂取しましょう。

亜鉛が含まれる食材が知りたい

亜鉛がたくさん含まれている食べ物の代表格は、なんといっても牡蠣です。

成人女性の1日の摂取量である8mgを、生牡蠣ならたった1個でカバーすることができます。

亜鉛の豊富な食材を、種類別に分けてご紹介しましょう。

日常的に毎日牡蠣を食べるのは、あまり現実的ではありませんね。

年末年始のアルコールを飲む機会が増える季節などは、外食も続きがちです。

ココアや抹茶ミルクなどの飲み物を選んでみる、味噌汁やサラダなど、いろいろな料理にごまをかけるなど、普段から細かい工夫をすると良いでしょう。

また、サプリメントを常備しておくのも、手軽に亜鉛を補給できる良い方法です。

通常、亜鉛は体にとって不足しがちな成分ですが、過剰摂取による副作用があることも知っておく必要があります。

1日の摂取量が45mg以上になると、頭痛、嘔吐、倦怠感などの症状が出たり、腎臓に障害がでる可能性もありますので、サプリメントで摂取する場合は、量をしっかりと把握しておくことが大切です。

まとめ

更年期も終盤になる頃には、不定愁訴に加え、心臓病、動脈硬化、骨粗鬆症などの病気のリスクが高まってきます。

これらの病気にも亜鉛を普段から正しく摂取している事で、予防効果が期待できることがわかっています。

更年期を迎えても、まだまだ先は長く、人生はこれからという時です。

美容と健康をキープしながら生き生きとした毎日を送るには、必要な栄養素のサポートを受け、自分の体を丁寧にメンテナンスすることが大切です。

今、つらい更年期をすごしている方も、そろそろ更年期の兆しが見えてきた方も、いかに明るく乗り越えていくかに気持ちを切り替えて、出来ることから始めてみましょう。

Recommendおすすめ記事

TOPへ戻る