紫外線対策で光老化にさようなら!おすすめの日焼け止め

2018. 06. 07
PURAVIDA編集部
監修:PURAVIDA編集部

春から夏にかけては、日差しが強くなり、紫外線が気になる時季です。

肌が紫外線から受けるダメージは大きく、後にシミやシワなどになってあらわれます。

紫外線による光老化を防ぐためには、面倒がらずにしっかり日焼け止めで紫外線をブロックしていきましょう。

今回は、紫外線対策やおすすめの日焼け止めをご紹介します。

まだ紫外線対策していない?すでに紫外線のダメージ受けてますよ!

光による肌の老化のことを光老化と言いますが、その原因は主に紫外線によるものです。

肌に大敵な紫外線は2種類あり、それぞれ異なる特徴を持っています。

UV-A

ひとつめのUV-Aは、メラノサイト(色素細胞)を活性化させて、時間をかけて黒くなる日焼けを起こすものです。

すぐに反応があらわれずにじわじわとダメージが蓄積していき、光老化が進行していきます。

紫外線は波長が長いほど皮膚の奥に入り込むという性質がありますが、UV-Aは波長が長く、雲や窓ガラスも通り抜けて私たちの肌の真皮にまで到達します。

そして肌のハリや弾力を保っているコラーゲンやエラスチンを壊すため、たるみやシワが発生してしまいます。

皮膚の免疫力も低下させてしまいます。

UV-B

ふたつめのUV-Bは、肌の表皮にあるメラニン細胞を活性化させて、すぐに日焼けを引き起こすものです。

日焼けした当日や翌日に赤くなるのはUV-Bの影響です。

波長はUV-Aに比べて短いため、肌の真皮にまでは届きませんが、表皮細胞を傷つける強いエネルギーを持っており、シミや皮膚がんの原因になります。

光老化を防ぐために、これらの紫外線対策が必要になります。

特に夏場は日差しが強いため紫外線対策を忘れないと思いますが、実は紫外線は一年中降り注いでおり、肌は常にダメージを受けています。

季節に関係なく、自分の肌を守るために紫外線対策を始めましょう。

日常の中ですぐにできる紫外線対策≫

・日焼け止めを活用する

・日傘や帽子、サングラスを利用する

・外出時は袖や襟などで肌を覆う

・できるだけ紫外線の強い時間帯を避ける

日焼け止めを選ぶときのポイント

特に夏場は紫外線が強くなる季節ですので、日焼け止めが欠かせません。

短時間の外出などでも油断していると大きなダメージにつながりますので、日焼け止めを上手に活用して紫外線をブロックしましょう。

日焼け止めを選ぶときに、ポイントとなるのはSPFPAの表示です。

●SPFSun Protection Factor)とは…

主にUV-Bのカットの効果を示すもので、数値が高いほど紫外線のカット効果も高くなります。

SPF50が最大値ですが、日常生活では、SPF20~30くらいのものを選べば十分紫外線を防ぐことができます。

●PAProtection Grade of UVA)とは…

UV-Aに対する防御指標となります。

PA+++」など見かけたことがあると思いますが、その効果が高い順に「+++」、「++」、「+」と三段階でランク分けされています。

ただし、どんなに効果の高い日焼け止めを塗ったとしても、時間が経つと汗で流れたり服でこすれて落ちてしまうので、できれば34時間ごとや外に出る度に塗りなおすことを忘れずに。

日焼け止めの落ちにくさは数値化できていないため、SPF値が高い日焼け止めを使ったとしても、やはりこまめに塗りなおす必要があるでしょう。

日焼け止めを選ぶポイントは、

1)SPFPA、どちらの効果もあるものを選ぶ

2)SPF20以上、PA+以上のものを使う

3)こまめに塗りなおしをする

SPFPAともに効果の高いものを選びたくなりますが、効果が高い分、肌への負担も高くなります。

利用シーンに合わせて日焼け止めの強さを選ぶのと、日傘や帽子などと組み合わせて紫外線対策をすることをおすすめまします。

おすすめの日焼け止め

日焼け止めには、主に次のようなタイプが販売されています。

クリームタイプ

もっとも定番のタイプ。

高い効果のあるものから、肌に優しいものまで種類も豊富で、自分に合ったものを選べます。

紫外線の強い季節に外でスポーツをする際には、防水効果を示したウォータープルーフタイプのものを選ぶといいでしょう。

ジェルタイプ

クリームタイプよりも軽い付け心地なので、クリームタイプの重い感覚が苦手な方におすすめです。

スプレータイプ

スプレータイプの一番のメリットは手軽さ。

手が汚れる心配もないため、時間がないときや外出の合間などに活躍してくれます。

また、首元や髪の毛など手が届きにくかったりクリームタイプではつけられない場所にもつけることができます。

パウダータイプ

パウダータイプは、普通の日焼け止めでは肌への負担が大きい方におすすめです。

紫外線カットの効果は低く、落ちやすいですが、肌がデリケートな方や小さいお子さんには使い勝手が良いですね。

まとめ

日焼け止めは、利用シーンや自分の肌の状態によって、その都度、最適なものを選ぶことをおすすめします。

ちょっとしたお出かけであればSPF50の日焼け止めでなくても十分ですし、夏に屋外でスポーツをするときにはSPF10では紫外線は防げません。

また、日焼け止めを塗ることで、肌に負担がかかっていますので、必ずクレンジングなどで日焼け止めをオフすることも肌にとっては必要です。

日焼け止めを上手に使いつつ、日傘や帽子なども組み合わせて紫外線を防止しましょう。

光老化を防ぐことで、いつまでもハリのある肌をキープいたしましょう!

Recommendおすすめ記事

TOPへ戻る