【スポーツトレーナー直伝】今話題の体幹リセットダイエットでスッキリお腹!

2018. 08. 13
佐久間 健一
監修:佐久間 健一 ボディメイクトレーナー
株式会社ボディメイクジャパン代表取締役。ファッションの本場パリでボディメイク経験を持ち、モデルを中心に年間4000件以上のパーソナルトレーニングを担当。2016ミスインターナショナル世界大会公式パートナー。 (https://profile.ne.jp/pf/sakuma-kenichi/)

どんな体でも結果が出ると言われ、一流モデルも行なっている「体幹リセット」という話題のエクササイズをご存知ですか?

どんなダイエットをしても落とせなかったモデルさんの下腹、二の腕の脂肪をたった2週間で落とせたことで一躍人気になりました。

やり方は、驚くほど簡単でつらい運動もなし!

ここでは開発者である、スポーツインストラクターの佐久間先生に、お腹をスッキリさせる方法、体幹を鍛えることの大切さについて教えていただきました。

体幹リセットの前に年齢とともにお腹が出てしまうのはなぜなの?

中年太りの典型的なタイプは、お腹ポッコリ、太ももがっちりの下半身太り。

この体型になってしまう理由は、普段使っている筋肉が、太もも前側・腰・ヒップの3箇所に集中しているからだそう。

反対に、全く使われていない筋肉が太ももの裏、お腹の筋肉です。

体幹の筋力不足を腰で補い続けていると、下腹がポッコリと出てきてしまいます。

そこで、効果的なのが体幹リセット!

体幹を鍛えることで、骨盤の前傾、太ももや腰の負担を軽減していきます。

きちんと体幹がリセットされると、お腹と内モモ周りの筋肉が働きやすくなり、使われる筋肉が増えていきます。

筋肉が増えると基礎代謝もアップするので、その結果、脂肪がつきやすいお腹を細くすることができるというわけです。

「お腹が気になってダイエットをしても、気になる箇所に限って変化がなかった」という結果で終わってしまうのは、体幹の筋力不足が原因だったからなのですね。

体幹リセット?体のクセ?

体幹リセットダイエットの著者である佐久間先生は、ミス・インターナショナル代表やモデル、一般人まで幅広くボディメイクを手がけるパーソナルトレーナーです。

2017年にはミス・インターナショナル世界大会の公式トレーナーとしても活躍されました。

佐久間先生によると、痩せるためのダイエットは「量に頼らないこと」だそう。

ある運動嫌いの女性は、週に2回、10分以内のエクササイズだけで、半年で20kgのダイエットに成功したそうです。

先生が一番に着目しているポイントは、「体のクセ」を正すこと。

クセを直すだけで、十分なダイエット効果があるそうです。

1分でできるエクササイズを15分間行うだけで、脂肪が燃える体に変わり、気になるところから体が細くなるのが体幹リセットなのです。

体幹を鍛えるメリット

姿勢が悪く、限られた筋肉だけを使っていると、体型はどんどん崩れてきます。

それに対して、体幹部分のさまざまな筋肉が使えていると、背筋が伸び、骨盤を垂直に保って体幹が引き締まります。

体幹を鍛えることのメリットを、3つご紹介します。

①姿勢がきれいになって、スラリとした体形になる

「痩せたい部分を激しく動かせば、脂肪が落ちて細くなる」というのは、ダイエットにありがちな勘違い。

例えばウエストのくびれには、まず運動をしたり、腹筋を鍛えようと思いがちですね。

体幹を鍛える前に熱心に運動することで、使い慣れた筋肉ばかりを使ってしまい、ヒップや太ももばかりが鍛えられた結果、下半身太りになってしまいます。

普段使いすぎの筋肉ほど動かさずに、使えていない筋肉を使うことで、張り出した筋肉が消えてすらっとした体型になるのです。

②楽して消費エネルギーがアップする

体幹リセットを行うと体幹筋が働くことで、全身の筋肉が全てバランスよく使われるようになります。

正しい姿勢を作ることで、日常生活で使われる筋肉の割合が大きくなるので、1日の消費エネルギーがグンとアップします。

長時間運動をするよりも、エネルギーを常に少しずつ消費できる体にすることで、効率よくダイエットができるというわけです。

③リバウンドの心配がない

ダイエットの大敵はリバウンド。

食事制限をするダイエットは、筋肉量が減りやすく、食べる回数や量が減ることで内臓の消化吸収活動が弱まります。

こうなると基礎代謝が落ちてしまい、1日の消費エネルギーがいっきに落ち込んで、脂肪がつきやすい体になってしまいます。

体幹リセットの場合、日常生活で気づかない間に使う筋肉量が増えるだけなので、リバウンドの心配がありません。

体幹リセットのエクササイズをやめたとしても、全身の筋肉を使う姿勢が維持できていれば、基礎代謝が大きくアップした状態の体が維持できるのです。

くびれくっきり!オススメポーズ

ウエストのくびれをスッキリさせる、エクササイズをご紹介します。

意識したいのは背中にある2つの大きな骨、肩甲骨です。

日常生活では肩甲骨を下げる、という動きはほとんどありません。

これができると、いつもでも体幹を使えるようになりますので、挑戦してみましょう!

①ベッド・イスなどに腰をかけ、ヒップの横に左右それぞれの手をつく

【ポイント】
・脚は肩幅に開き、手はベッドやイスの縁をつかむと、肩を固定しやすくなります。

②ヒップの片側を浮かせる

【ポイント】
・左右の肩は動かさず、ヒップの片側だけを浮かせましょう。

・同時に脚を持ち上げるとやりやすいです。

・肩が動く、体が左右に傾く、上半身が前に傾くのは正しい場所に刺激ができないため、NGです。

右側のヒップを上げて3秒キープを10回繰り返し、次に左のヒップを同様に10回繰り返しましょう。姿勢が崩れがちになる歩行時の消費エネルギーアップにも、大変効果的です。

まとめ

体幹リセットのエクササイズは、最初の2週間は毎日、その後は週に3回でOKです。

体幹筋が完成するまで、約2カ月間は頑張りましょう。

佐久間先生によると、朝の体幹エクササイズは日中の消費カロリーをアップさせ、夜の場合は日中、体に付いたクセがリセットされるという特徴があるそうです。

実際にやってみると、普段自分が使っていなかった筋肉に効いている感じが、ハッキリとわかります。

道具も不要、たった5分という圧倒的な手軽さなので、ぜひ早速はじめてみませんか。

Recommendおすすめ記事

監修:佐久間 健一 ボディメイクトレーナー
株式会社ボディメイクジャパン代表取締役。ファッションの本場パリでボディメイク経験を持ち、モデルを中心に年間4000件以上のパーソナルトレーニングを担当。2016ミスインターナショナル世界大会公式パートナー。 (https://profile.ne.jp/pf/sakuma-kenichi/)
TOPへ戻る