美しい肌になるために!美白にはビタミンが必要

2019. 03. 04

美しく透き通った白い肌を保つためには、毎日丁寧なお手入れが必要です。

保湿や美白、アンチエイジングなどのさまざまな効果が謳われた化粧品が数多くあるなかで、自分に必要な成分の入ったものを選んで入念にお手入れをしている人も多いでしょう。

しかし、化粧品によるお手入れだけでは美しい肌を手に入れることはできません。

特に美白にはビタミンが必要です。

ここでは、美白のためにどのようなビタミンが必要なのかを、その理由をふまえて紹介していきます。

化粧品だけでは限界がある!食事から肌にアプローチ

肌の構造はミルフィーユのように何層にも分かれています。

 

外気に触れる部分である表皮は、さらに4つの層に分かれており、一番外側である角質層は「死んだ細胞」ともいわれています。

角質層は表皮の最も奥の層である基底層が表皮のもとを作り出し、それを押し上げた結果でき上がります。

 

角質層は外部から受ける刺激を遮断する大事なバリア機能があります。

この部分が役割を果たしながら、さらに基底層から押し上げられて、剥がれ落ちます。それが「垢」です。

 

このように、肌は内部から細胞を作り出し、最終的には不要になったものを出し切る排泄器官ともいえるのです。

 

化粧品は、基本的に肌の表面部分に塗るものであり、肌の奥深くまで浸透するものではありません。

化粧品を使うことでメラニンの生成を抑制することはできますが、内部から根本的に改善するには至らないのです。

 

そのため、口から体内に入れることになる食事が肌にとって重要になってきます。

美白に必要なビタミンその1.ビタミンC

美白に必要な栄養素の代表的なものとして、ビタミンCが挙げられます。

 

ビタミンCはレモンやオレンジ、グレープフルーツといった柑橘類に多く含まれていることがよく知られていますが、ブロッコリーやほうれん草などの緑色の野菜にも多く含まれています。

 

ビタミンCには抗酸化作用があり、メラニンをつくりだすチロシナーゼの働きを抑えるといわれています。

シミやくすみを作り出さない体をつくることによって、肌に透明感を与えることにつながるのです。

 

ビタミンCを多く含んだ食品を摂取する際には、ビタミンCが水溶性ビタミンであることに注意を払う必要があります。

水溶性ビタミンとは、文字通り水に溶けやすい性質をもつということです。

つまりブロッコリーやほうれん草などは茹でて調理することが多く、その調理法によってビタミンCが減少してしまいます。

もちろん、すべて流れ出てしまうというわけではないので、あまり長い時間茹でないようにしてみると良いでしょう。

 

また、ビタミンCは蒸したり炒めたりしたほうが残りやすいので、調理法を工夫してみましょう。

美白に必要なビタミンその2.ビタミンE

ビタミンEはナッツ類やアボカドなどに多く含まれる栄養素です。

ビタミンCと同様に抗酸化作用が強いことで知られています。

アンチエイジング全般にもいろいろな効果があるといわれる栄養素です。

 

こちらは脂溶性のビタミンであり、油と一緒に調理すると吸収率が高まります。

そのままで食べられるものや、調理して食べやすいものなど、幅広く選択できるので摂取しやすいかもしれません。

 

しかし、過剰摂取には注意が必要です。

水溶性ビタミンと違って体外へ排出されないので、適切な量を守りましょう。

一般的に、女性は6.5mg、男性は7mgが一日の摂取量の目安とされています。

美白に必要なビタミンその3.ビタミンB群

美白に必要なビタミンB群

ビタミンB群は水溶性のビタミンで、B1・B2 ・ナイアシン・パントテン酸・B6・B12・葉酸・ビオチンの8種類があります。

 

そのうち、美白に作用するといわれるのはビタミンB2やビタミンB6です。

肌のターンオーバーを促進するビタミンB群は、たとえば肌荒れが起きたときや、ニキビができたときにその改善を早めてくれます。

美白の大敵であるメラニンを排出してくれる作用もあり、くすんだ肌に明るさを取り戻してくれる作用を期待できます。

 

ビタミンB群を多く含む食品としては、豚肉やレバー、卵といった動物性のものと、大豆などの植物性のものがあります。

どちらもまんべんなく摂ると良いでしょう。

タンパク質や亜鉛も一緒に摂ろう

これまで紹介したビタミン類を摂取することで、肌のターンオーバーを促進することが期待できます。

つまり、細胞が生まれ変わる新陳代謝を助ける役割ということになります。

 

実際に肌を作るのに必要なのは、タンパク質やそのなかに含まれるアミノ酸です。

人間の体の大半はタンパク質によって形成されており、生きていくうえでも欠かすことができません。

そのため、ビタミンばかりに意識を向けても、必要なタンパク質が不足していては美しい肌を保てないのです。

 

タンパク質は肉や魚、大豆などに多く含まれています。

そのうち、動物性タンパク質である肉類は人間に必要なアミノ酸も多く含んでおり、美しい肌を作り、保つには積極的に摂る必要があるでしょう。

 

そして、微量栄養素である亜鉛も肌の生成に欠かせない栄養素です。

亜鉛は肉類や牡蠣に多く含まれているので、動物性タンパク質を摂取する際に一緒に摂ることができます。

 

しかし、微量栄養素というだけあって亜鉛を意識的に摂取するのには、なかなか難しいものです。

また、これまでに紹介してきたビタミンなどの栄養素も、毎日意識的に、食事から摂取し続けることは難しいのが現実。

 

そんなときは、サプリメントで栄養を補うのが有力な方法です。

日々の食生活に気を配りながら、サプリメントも上手に活用して美しい肌をつくっていきましょう。

 

ミドリムシサプリなら美白に関わる栄養素を一度に摂取可能

美白、美肌を目指す上で、ぜひ提案したいのがミドリムシサプリ。今回の記事で注目される、ビタミンB群、C、Eや亜鉛を含む

59種類というビタミン、ミネラル、アミノ酸を天然成分として含んでいるので、いろいろなサプリを毎日そろえて何種類も飲むよりも、簡単で続けやすくかつ経済的です。

また、ミドリムシにしか含まれない「パラミロン」という成分の腸内毒素を排出する働きが注目を集めており、美肌に好影響を与えてくれそうです。

ミドリムシサプリを試してみたいけれど、まず相談してみたい、という方は「いのちのユーグレナ~極み~」を発売するシックスセンスラボ株式会社にご相談ください。

サプリメントアドバイザーや健康管理士の資格を持った、カスタマーサポートチームがご相談にお答えしております。

 

シックスセンスラボ株式会社 カスタマーサポート

メールでのお問い合わせ お問合せフォーム
電話でのお問い合わせ  0120-514-333
(平日9時~18時・土曜9時~15時・日祝休み)

Recommendおすすめ記事

TOPへ戻る