寝ても疲れが取れない…。 40代から取り入れたい”お疲れ対策”とは?

2019. 05. 21

女性も40代になると、職場では責任のあるポジションを任され、ストレス満載…。家庭では母として、妻として、家事や子供たちの世話など目まぐるしい毎日…。

ゆっくり休める時間が取れず、「疲れている」と言い出せないほど忙しい日々を過ごしている方が多いのではないでしょうか。

でも正直なのは、40代の自分の体。気持ちは元気のつもりでも、「しんどい、だるい」と感じるようになったら、それは「お疲れサイン」です。


こんな身体の不調、感じていませんか?

 肩や腰が重だるい
 「きつい…」「しんどい…」が口癖
 毎日忙しく、休む時間がない
 ゆっくり休める時間が欲しいと思う
 朝起きた時、ぐったりした疲れを感じる

 

ひとつでも当てはまったら、それは「疲労」の黄色信号。

毎日の疲れを解消しないまま、ため込んでいくと、それが原因でさまざまな不調を呼び起こすことになるかもしれません。

毎朝すっきり起きたい、仕事も家族のことももっとアクティブに過ごしたい、趣味も家事も仕事も楽しめる自分になりたい。

どれも元気な体があってこそ。日々の疲れを見過ごさないよう、しっかりケアすることは自分への最大のご褒美と言えるでしょう。

笑顔あふれるイキイキとした生活は、毎日続ける健康習慣にポイントがあります。

そこで今回は、簡単に毎日続けられる疲労解消法をご紹介します。

疲れをとるためにはどうしたらいいの?

「疲労」とは、私たちに休息の必要性と体の異常を教えてくれる重要なサイン。

「疲れたな」と思ったら、体を休めたり、ケアすることが基本です。

また本来、疲れは一時的なもので、睡眠や休息を取ることで、解消することができると言われています。

疲れをとるためにはどうしたらいいの

ところが睡眠や休息を取っても、疲労感がすっきりしない場合、年齢による体力の衰えや日々の忙しさだけではなく、知らずのうちに疲労が慢性化しているのかもしれません。

疲れが慢性化すると、睡眠や休息で簡単に解消できなくなります。

さらに疲労を蓄積したままにすることで、身体の不調へつながることも。熱や痛みなどの症状がないからと言って、疲労をそのままにしておくことは、要注意です。

 

では慢性化した疲労を解消するためには、どうすればいいのでしょうか?

ポイントは、毎日の「栄養バランス」にあります。

体を動かすためのエネルギーとなる3大栄養素(炭水化物・脂質・タンパク質)※はもちろん、これらの吸収とエネルギーへの転換を助けるビタミン・ミネラルを豊富に含んだ食品をバランスよく摂るようにすることが、まずは大切です。

ポイントは毎日の栄養バランス

タンパク質

体を作る元になるもの。体内でアミノ酸に分解され、筋肉や内臓、髪やツメなどの主成分となる。

良質な肉や魚、乳製品、大豆製品などに多く含まれる。

ビタミン

体の機能を助け、調子を整えてくれるビタミンは、脂溶性と水溶性の13種類。

免疫力にも作用し、疲れケアのポイントに。

ミネラル

体の機能を助け、骨や歯、血液のもとになったり、神経や筋肉の正常に動くように作用。小魚や海藻などに多く含まる。

炭水化物

体と脳を動かすためのエネルギー。米やパン、麺などの主食となるものに多く含まれる。

果物も炭水化物が多い。

脂質

体を正常に動かし、脳の機能をサポートする脂質は、良質なものを摂取することがポイント。

オリーブオイル、オメガ3脂肪酸が含まれる青魚やくるみなど。

※参考:e-ヘルスネット https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/
※参考:e文部科学省 食品成分データベース https://fooddb.mext.go.jp/

 

さらに加えて、アミノ酸も重要な栄養素です。

しかし、忙しい毎日の中で、すべての栄養素を考えて食事を作ることは難しいですよね。

そんな時、上手に活用したいのがサプリメント。

特に注目したいのが「ミドリムシ(ユーグレナ)サプリメント」です。

お疲れの40代に、ミドリムシ(ユーグレナ)が注目を浴びている理由とは?

ミドリムシが注目を浴びている理由とは

「ミドリムシ(ユーグレナ)」は学名を「ユーグレナ」といいます。

ミドリムシ(ユーグレナ)という名前がついていますが、「虫」ではなく、藻の一種。動物と植物の両方の特徴を持つ、とても珍しい生物で、体長約30~50μm(ミクロン)と、髪の毛1本の太さより、さらに小さい生き物です。

しかし、この小さな体に驚きのパワーが秘められているのです。

59種類の豊富な栄養素

ミドリムシ(ユーグレナ)には、
・14種類の各種ビタミン
・必須アミノ酸を含む18種類のアミノ酸
・ミネラル
・EPAやDHAなどの不飽和脂肪酸
など、私たちが、日ごろの食事からバランスよく摂取したい成分が、なんと59種類も含まれています。

人の体に吸収されやすい

人の体に吸収されやすい

野菜などの植物から、ビタミンやミネラルなどの栄養素を吸収する際、細胞壁があるために吸収効率が悪くなってしまいます。

一方、ミドリムシ(ユーグレナ)には細胞壁がないため、栄養の消化や吸収がスムーズ。

ミドリムシ(ユーグレナ)から摂れる栄養素の吸収率は93.1%と非常に高く、食べ物から摂取するよりもはるかに効率的です。

体内をスッキリさせてくれる

パラミロン

ミドリムシ(ユーグレナ)の成分で、さらに注目されているのが、体内をすっきりとさせてくれる「ボディクレンジング」が期待できる「パラミロン」という成分。

この「パラミロン」はキノコ類に多く含まれているβ-グルカンの一種で、この「パラミロン」は、地球上でもミドリムシ(ユーグレナ)にしか存在しない貴重な成分。

ミドリムシ(ユーグレナ)の細胞内には、貯蔵物質としての20~30%ほど、このパラミロンが含まれています。

パラミロンは食物繊維の一種ですが、無数の小さな穴(ミクロホール)が開いたスポンジのような形をしており、吸油性、吸水性に優れています。

この特殊な形状を活かし、体内に存在する様々な物質を吸着し、一緒に身体の外に排出することでデトックスしてくれるのです。

 

慢性化した疲労をケアするためには、しっかりと栄養素を摂取することと、体内の不要なものをデトックスするボディクレンジングが大切

ミドリムシ(ユーグレナ)サプリメントは、疲労にお悩みの方にぴったりです!

ミドリムシ(ユーグレナ)サプリメント、どうやって選べばいいの?

ユーグレナサプリメント

ミドリムシ(ユーグレナ)のサプリメントは、実は数多く販売されています。

しかしひと口にミドリムシ(ユーグレナ)サプリメントと言っても、どうやって選べばいいのかわかりませんよね。

ミドリムシ(ユーグレナ)サプリメントを選ぶポイントは3つ。

Point① 1日1000mg以上摂れるもの
ミドリムシ(ユーグレナ)に関するエビデンスは、1日に1000㎎摂取して計測されたもののため、それ以下の場合、効果が期待できないことも。
含有量には注意が必要です。

 

Point② 無香料・無着色のもの
ミドリムシ(ユーグレナ)には少し独特の香りがあるため、カプセルに着色したり、香料を入れたりしている商品もあります。少量とはいえ、毎日飲むものだから、余計な老廃物をためこまないためにも、カプセルにも着色料などが入っていないサプリメントがおすすめです。
→Check! カプセルタイプがおすすめの理由
普段から味や香りに敏感な人にもカプセルタイプはおすすめです。まだ粒タイプの場合、ミドリムシ(ユーグレナ)を固めるための賦形剤の方が多い場合もあるとのこと。ミドリムシ(ユーグレナ)は天然素材のため、季節や時期によって多少の色の変化があります。でもそれはかえって自然な素材を使っている証拠。サプリメントによっては着色料で均一な緑色を表現している場合もあるとのことなので、しっかり確認してから購入しましょう。

 

Point③ 続けやすい価格のもの
健康をサポートしてくれるサプリメントは、一定期間、続けることで効果をより実感しやすくなります。ミドリムシ(ユーグレナ)サプリメントの平均価格は1カ月分で5000~6000円程度。Point①の含有量と相対的に比較しながら、選ぶことが大切です。

女性におすすめなのは「いのちのユーグレナ~極み~」

いのちのユーグレナ

多くの良質の栄養を手軽に補えるミドリムシ(ユーグレナ)サプリメントとしておすすめするのは 「いのちのユーグレナ~極み~」です。

こちらのサプリメントはミドリムシ(ユーグレナ)が1日4粒で1040㎎と摂取できる高濃度の配合。

さらに女性にうれしい成分のセサミンと麹菌発酵大豆イソフラボンがプラスされたタイプです。

セサミンと大豆イソフラボン

ミドリムシ(ユーグレナ)サプリメントのなかでも、女性向けに開発されているものは珍しく、健康はもちろんのこと、より美しく年齢を重ねたい、より充実したライフスタイルを継続したいと、未来の自分への投資として活用されている方も多い商品です。

さらに今なら、特別キャンペーンも実施中!

年齢を重ねることへの不安は、健康な体が解消してくれるはず。

「いのちのユーグレナ」は女性らしいイキイキとした毎日のためのお守りサプリメントです。

 

>女性のお守りサプリメント「いのちのユーグレナ~極み~」はこちらから

Recommendおすすめ記事

TOPへ戻る